Title: Damian Flanagan
記事 経歴 イベント リンク English

Damian Flanagan

イ ベント |
2016年9月


2016年9月


2016年9月

2016年6月


2016年4月


2016年4月
東京大学の英文学部で、「世界文学のスーパースター、夏目漱石とウィリアム・シェイクスピア」 という講演会を日本語でする。

東京大学で「日本という壁、新しい近代文学史」という講演会を、「日本という壁」国際シンポジウムで英語でする。

ロンドンの日本大使館で、「シェイクスピアと日本」という講演会をする。

静岡県焼津市の小泉八雲記念館で「小泉八雲の「心」から夏目漱石の「心」へ」という講演会を日本語でする。

京都の平安ホテルで「世界の二大文豪、夏目漱石とウィリアム・シェイク スピア」という講演会を英語でする。

ロンドンの大和日英基金本館で、「夏目漱石のロンドン」という講演会を英語でする。ユーチューブでご覧でき る!
2015 年11月25日(日) 日 本・東京大学で『三島由紀夫』に ついて日本語で講演する。
2015 年9月17日 (木)
英 国・ノリッジのセインズベリー研究所 で『三島由紀夫』について講演する。詳 細はこちら。2015 年11月25日(日)、東京大学で『三島由紀夫』に ついて日本語で講演する。
2015 年3月12 日(木)
英 国・ロンドンの大和日英基金本部で『グレン・グールドと夏目漱石』について講演する。詳細はこ ちら
2015 年3月3 日(火) 英 国・エジンバラ大学で『三島由紀夫』について講演する。詳細はこ ちら
2015 年2月28日(土) 英 国・リバプールのワールド博物館で新著『三島由紀夫』について講 演する。詳細はこ ちら
2015 年2月19日(木) 英 国・シェフィールド大学で『三島由紀夫』について講演する。 詳細はこ ちら
2015 年1月26日(月) 英 国・ケンブリッジ大学のアジア中東学部(第8、9号室)で午 後5時から新著『三島由紀夫』につい て講演 する。どなたも参加できる。詳細はこちら
2014 年12月8日
英 国・マンチェスター大学で新 著『三島由紀夫』について講演 する
2014 年11月11日
英 国・ロンドンの大和基金ジャーパンハウスで新 著『三島由紀夫』の出版記念会。
2007 年7月14日
英 国・ロンドンの日本大使館で夏目漱石の展示会を案内する。拙 著・『The Tower of London』について話す。
2007 年7月14日
英 国・マンチェスター美術館で「日本文学と英国の美術」に ついて講演する
2007 年6月 日本・西宮文化センターで夏目漱石の小説について講演する
2006 年 6月 17-18日 IJET-17、英日・日英翻訳国際会議。 最 近の著作活動について講演予定。 (場所: 神戸国際会議場、神戸市中央区港島中町)。
2006年4月21日   コ ロンビア大学・ドナルド・キーン日本文化センターから2005年度の日米友好日本文学翻訳賞を 受賞する。 .....
.....
2005127日 『倫 敦塔』英訳の出版記念パーティ、ロンドン、イギリス。
写真はこちら

2016
2016
youtube   ユー チューブでご覧できる!
 
  Youtube Natsume Soseki A Literary Odyssey  'Natsume Soseki: A Literary Odyssey'       
 
  Youtube Natsume Soseki Damian Flanagan 'Glen Gould and Natsume Soseki'                               

  Damian Flanagan Mishima  Book Launch: Yukio Mishima


2006

.....

IJET-17へようこそ!
日時:  2006年6月17日(土)18日(日)
場所:   神戸国際会議場(神戸市中央区港島中町)
参加費: JAT会員 25,000円(会 員以外30,000円) または 250米ドル (同300米ドル)   

  英日・日英翻訳国際会議(International Japanese/English Translation Conference, 以下IJETと略)は翻訳者・通訳者が互いに意見や情報を交換し、仕事 仲間や友人とネットワークを築く場です。1990年の第1回IJETを出発点として、日本 と英語圏で交互に会議を年1回開催し、今回で17回目を迎えます。

  今回のテーマは、「フリーランス翻訳・通訳者の仕事とプライベートについて」 です。フリーランスで仕事をされている翻訳者/通訳者の方々は、ヨコのつながりが 少ないために、ともすれば孤独な作業・業務におちいりがちです。今回の会議では、 同業の方々のスケジューリング管理、仕事の配分、ならびに仕事とプライベート/家 庭生活とのバランスのとり方などを参考にして、自分の仕事を見直す場、かつ情報交 換の場になればと願っています。

  翻訳者/通訳者には、「何も問題がない日」は一日もないと思います。翻訳者で あれば、日々直面する問題(専門用語の訳語がわからない、原文がわかりずらく解釈 できない、目標言語でうまく表現できない、など)から、翻訳者としての全般的な問 題(参考文献が手元にない、どのような参考文献をどの程度揃えるべきかわからな い、インターネットを手際よく活用できない、時間に追われて翻訳品質が維持できな い、訳文を批判してくれる適当な人がいない、価格/品質/納期の客先との交渉が大変 だ、客先からひどい表現を無理に使えと言われた場合の対応、いい翻訳会社の探し 方、翻訳会社とのつきあい方、など)まで多くの問題に対峙されていると思います。 今回の会議では、講演者の方々には日々の仕事から具体的な事例を取り上げて頂くよ うお願いしています。同業の方々の仕事のやり方を聞くことによって、自分の仕事を 見直す契機になればと願っています。

  参加費用には、2日間の会議への出席、会議資料、17日の夜の立食パーティ、会 議録(会議終了後しばらくして発行)、休憩場所での飲み物代が含まれます。宿泊費 は含んでいませんので、参加者個人で手配願います。いくつかの宿泊施設については IJET-17のウェブサイトでご紹介しています。

  会議としての適正な規模を考慮し、参加人数を制限する場合があります。「参 加したいけれど、もう席がない」ということにならないようお早めにお申込みくださ い。

  また、広告も募集しています。会議のプログラムと会議録に掲載するととも に、申込みされた会社のロゴ(電子データ)をIJET-17のウェブサイトに載せ、会社 のウェブサイトにリンクさせます。製品やサービスの宣伝にご活用ください。(広告 申込締切: 2006年4月7日まで)

  では、みなさん、神戸でお会いしましょう。


注目のセッション
Damian Flanagan
Elementary, My Dear Watson: The Translator at Loose in the World of Victorian London

このセッションについての詳細や他のセッションの内容は、「プログラムとスケ ジュール」のページへどうぞ。


上へ

.....
.....

Columbia - Kent Hall

日米友好基金日本文学翻訳賞


1987年、ドナルド・キーン日本文化センターは、1979年の日米友好基金日本文学翻訳賞創設以来運営に携わっていた ニューヨークの ジャパン・ソサイエティーから同賞の運営を引き継ぎました。日本の多様で豊饒な文学をより広く世界に伝えるためのお手伝いをしていく所存です。当セン ターは毎年5000ドルの同賞金を日本文学の翻訳活動に対して授与しています。同賞は最も優れた現代文学の翻訳か古典文学の翻訳に与えられますが、多くの 場合、双方の分野それぞれに授与します。あらゆる国籍の翻訳家が応募可能ですが、小説、短編集、エッセイ、追想録、劇脚本、詩といった日本文学の書籍一冊 分の分量に相当する翻訳作品を対象とします。

提出作品は、翻訳の文学的価値と原文の作品性への翻訳正確性をもとに審査されます。未出版原稿、出版準備中の原稿、そして 審査時点より2年前までに出版された書籍が選考対象となります。翻訳家あるいは出版社からの応募を受け付けますが、過去に受賞された方は選考対象外となり ます。

ドナルド・キーン日本文化センターは、1986年ニューヨーク市コロンビ ア大学に設立され、その名前は、日本文学そして日本文化の西洋への紹介者として、また学者、教育者、翻訳家としても世界的に著名なドナルド・キーン教授に ちなみ命名されました。

ドナルド・キーン日本文化センターは、大学教育、学術研究の推進、そして 一般向けの公開 講座などを通じて米国における日本と日本文化についての理解を深めることを目的としています。また当センターでは、アジア、アメリカ、そしてヨーロッパの 文化と日本文化との異文化交流研究を奨励しています。

 

    


ドナルド・キーン日本文 化センター

上へ

2005
.....
.....
『倫敦塔』英訳の出版記念パーティが2005年1月27日に日本国際交流基金のロンド ン本局で行われた。
.....

Damian with 2 books


上 の写真は、『The Tower of London』と『日本人が知らない夏目漱石』を手に 持っているダミアン・フラナガン。

下 の写真は、『倫敦塔』英訳の出版記念パーティ。ピーター・オーェン社 のウェ ブ・サイトからである。

.....
.....

Book Launch 01  Book Launch 02



 2015 メー ル info@damianflanagan.com • ホーム • サイトマップ • 記 事 • 経 歴 • イ ベント • リ ンクEnglish •